押し花愛好家の団体です。いっしょに押し花をたのしみましょう。

ごあいさつ

ごあいさつ

花好きは元気「こころひとつ」

古代より先人は、四季折々の植物とかかわりながら、日本文化を育んできました。
押花のはじまりは、植物標本で「この美しい花を残しておきたい。」という「こころひとつ」の憶いが、色鮮やかさを保持する押花技術として開発されました。
21世紀を迎え、植物と人とのかかわりも国際交流化し、押花花材も日本の植物にとどまらず、海外の植物も多種多様に取り入れられています。同様に押花の世界でも技術の発達・花材・デザイン表現も多様化しています。
ワールド・プレスフラワー協会独自の技術もまた、従来の平面の押花絵にとどまらず、生花や風景のように表現し再現した「立体・フラワー」をはじめ、特許許可技術を導入した「合わせガラス押花」「フラワーボード」を応用した「マイ・トレー」など、身近で「楽しくおしゃれな押花」を提案しています。
また、生き生き元気に押し花を楽しむ「植物とのかかわりと効用」を普及する「押し花・園芸福祉アドバイザー養成講座」の開催をはじめ全国の高校生を対象にした「押し花コンテスト」を開催し、社会的活動も実施しています。
今後とも、押花の愛好者の皆様とともに押花業界のさらなる発展に努め、精進したいと存じます。

ワールド・プレスフラワー協会

会長  豊増 康生

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional